節電

「節電」に協力して欲しい。と

東北電力さんからホテルや旅館にも協力要請があります。

旅館としては、お客様に快適に過ごして頂く様に準備しているので

「節電しろ」というのは残酷な事です。P31   でもねP25G2f

一條は、3年前にリニューアルした時、「エコ・ラグジュアリー」をコンセプトに

したので「環境にやさしく」・「節電」・「エコ」になっています。その内容はF4f



 まず、館内のエアコンは、大型ホテルの様な集中管理システムではなく

  全て個別になっているので使用しないフロア使用しない客室は電源OFF

  の状態になっています。

 客室の冷蔵庫も、全て新品の保冷庫に切り替えています。

  これにより冷蔵庫のかすかな音も改善出来、温暖化防止、電気使用料も抑えられる。

 客室にタイマー付ホカホカハンガーを設置。タオルやバスタオルを乾かす。

  温暖化防止に貢献。

 シャンプーや化粧品等は詰め替え用ボトルで設置

  少しづつの小ボトルではお客様は持ち帰れるので嬉しいかもしれませんが

  それによりゴミが増え環境問題になります。又量も気にせずたっぷり使えます。

 客室の電気ポットを高級感のあるお洒落なケトルに切り替えました。

  電気ポットは常に電気を使用し定期的に沸かすのでその瞬間、電気使用料が増える。

  ケトルは、2・3分でお湯が沸きその都度お水を入れるので衛生的でもあります。

⑥ 切れた電球から出来るだけ少しづつでもLEDに切り替え。

⑦ ライトアップをする時間帯は、日の落ちる時間に都度調整する。

⑧ ウヲッシャブルスリッパを用意。クリーニングするスリッパは衛生的。

⑨ 事務所の事務に差し障りの無い部分は電気を消す。

⑩ 事務所と厨房の蛍光灯は2本の所1本にする。

 エアコンフィルターはまめに清掃する。

⑫ ゴミになる無意味なビニールや清掃済みと書かれた紙テープなどは使用しない。

その他には、お客様が到着される予定のおおよその時間をお伺いしているので

夕方遅くお着きになられる客室は、到着予定の1時間前に電気を付ける事を

しています。

更に、早めにお帰りになられた客室は、すぐ一部屋ごとに電気を消して回ります。

そして館内の自販機も1台撤去して頂きました。

私共は、E43日帰り入浴をしていないので全てのお客様がチェックアウトを終えると

ロビー以外の廊下を含む館内のエアコン。電気も全て消します

チェックインの始まる40分前に館内のエアコンや電気を付けます。

その都度、1つ1つマメに電気を消したり点けたり回って歩いて節電に協力

しております。ただし、お客様には一切我慢させるような事はいたしません。

お客様には快適に過ごして頂く。但しお客様のいない所では迅速に

節電を徹底しています。

「この様な事態なので。」という理由でお客様に御不便は一切おかけしません。

これが私達の方針でございます。他にも出来る事があるかも知れません。

今後も頭を使って、お客様に負担をかけず「節電」出来る事を考え努力したい。

スタッフ皆で頑張りますE6c

東北復興

あの大震災後、4月23日に営業再開をしてからあり難い事に

震災前と同じ予約状況が続いております。G31

5月も6月も昨年度と同じ予約状況で、本当にあり難い・・・・P3d

「関東や遠くから宿泊に来て下さっているお客様は皆、東北復興のために

来て下さっているのだから、その一人一人のお気持ちに応えるように

精一杯尽くす様に。」どんな気持ちで一條に宿泊に来て下さっているかP3d

それはそれは、「東北・宮城がんばって」P3f という温かい応援の気持ちです。



特に、暫く何年か御無沙汰していたお客様が久しぶりに来て下さったリ、

地震の後予約をキャンセルされたお客様が続々と戻って来てくれています。P47

スタッフは、「3月に予約を地震でキャンセルされた方だ」という情報が入ると

あり難い気持ちでいっぱいになります。ミーティングでそんな内容を話しています。

3月に予定していたのに地震でキャンセルになり再度、又日程を調整して来て下さる

んですよ~P32 どんなにかあり難いかP3d 

皆さんは、やはり「あの一條の本館はもう絶対壊れていると思った。」とおっしゃって

料亭に案内すると「本当に大丈夫だったんだP30と喜んで下さいます。

どんなにお客様に御心配して頂いたのか。と思うとお客様商売ってあり難い・・・・

私達は、地震があっても一條のお客様を大切にする。決して品質を落とさない

と決めて従業員全員。清掃パートスタッフも洗い場も。

東北復興を思って宿泊にいらして下さるお客様の為に必死でレベルを上げる

努力をして来て本当に良かった。とつくづく感じております。

お客様を守る事は、会社を守る事でもある。とこの震災で感じました。

お客様がお帰りになる時、再度予約を頂戴する。「とても良かった。又来ます。」P3e

震災後、再びいらして下さったお客様に「頑張ってください。」G2dとお声をかけて頂く。

その毎日の一つ、一つの場面でしみじみ感じるのです。

スタッフ全員に「こうしてお客様が震災前と同じに沢山いらして下さっている。

これは、当たり前ではないんですよG41あんな大震災があったんですよG41

当たり前ではないから有り難いんです。その気持ちをお客様に皆で向けましょうG41

その有り難いお客様に皆さんは、どう応えますか P31 と力説しているとつい

涙が溢れてしまう・・・・ 今日もお客様が

「東北に行ってもいいのだろうかG40と思っていたが随分お客様が来ているんですね。」

と驚いていたそうです。

私達は、活発な経済活動をし、元気な姿を見せ、地元に勇気と励ましを

与えられるようでありたいですE6c

さつき

お庭の「さつき」がそろそろ咲き揃いはじめてきました。G76

ポツポツと咲き始め、今年はどうかなG40

昨年は、見事に満開時は真っ赤になりそれはそれは美しかった・・・

こんな感じですF4f



楽しみ~G76 

「セミスイート」の客室からアップで眺められますO57

一條は、森の中にいる感じたっぷりです。

梅雨に入り、小雨が降ると緑がピカピカ輝きO4e空気も澄みわたり

気持ちいい~E5f 

P30 あっE2fそういえば、そろそろ一條の梅林に梅をとりに行かなくっちゃP2a

梅の育ち具合のチェックと周囲の草刈を事前にしなくては・・・E6c

梅を採りに行くのも蚊との戦いがあり、雨も気にしながら一苦労なんですよ。

身長の高い人でないと美しい物が届かないという事も有ります。

今年こそは私も行こうかなG40