ヴァンサンカン

今、発売されたばかりの女性誌「ヴァンサンカン」に掲載されましたP38P40



東北のお宿をご紹介して下さっています。P3d

宮城からは3件。

一條は伊達政宗も入湯した「老舗」と紹介されております。F4f



震災復興の為、取上げて下さったのでしょう・・・有り難い限りですP3d

東北の素敵なお宿がE68沢山紹介されていますのでご覧下さいG41

東北は美味しいところなんですよP25G2f

こんな素敵な雑誌に取上げて頂いて嬉しいな~E26

早速、お客様から「ヴァンサンカンに載ってね。見たよ。」

と声をかけて頂きました。P35 早いね

お客様の旅のロマンを楽しめるように皆で頑張りますE6c

応援ありがとうございますP46

以前はこんなお洒落な雑誌に掲載して頂けるなんて考えられなかったんです:shock:

秋には、又一つお客様の為に準備している新アメニティーが出来上がって

参りますので楽しみにしていて下さいP25

又今回も私が随分悩んで試作品を何度も何度も作成して頂いて

といろいろ選んだとってもお洒落なアメニティーでーすG31

なんて、実は私が一番楽しみにしていたりして・・・・:roll:G40

東北特集に掲載されました



8月22日発行の雑誌に掲載されましたG76G31

「東北の温泉地とお宿は今日も元気に営業中G41G41

というタイトルの東北のお宿を紹介して下さいました。

ナントP30 タイトルのトップページに大きくスタッフの写真が載ってO57

これには開けた途端びっくりP30 笑っちゃいましたP35

でも大勢で写真を撮って良かったP2a 目立っていたので・・・・P25G2f



知っている顔が出ていると面白いでしょP24

約 1名髪型が不調の時に撮ってしまったので気にしていましたが・・・G40P35

お宿の紹介は、次のページからになります。

お馴染みさんは、スタッフの写真を見て身内ウケして下さいね:mrgreen:

宮城に老舗445社

本日の地元紙「河北新聞」に帝国データバンクの調査の記事が

掲載されました。O21

「明治以前創業の老舗宮城に445社」という見出し。

「旅館・ホテル」が上位を占めた。という内容です。



「湯主一條」が第3位になっていました。P35G31

1560年 と記載されているので、これは「桶狭間の戦い」の年です。

開湯は1428年。湯主一條の祖先は、京の公家の出で、今川義元公に

食客としておりましたが1560年「桶狭間の戦い」で今川が破れ、現在の地に

来て温泉で傷を癒し、温泉の権利を発見者の農夫から譲り受けて

湯小屋を建設し道路を建設し宿屋を始めましたので

正式には1560年創業という事になります。

温泉発見伝。や温泉を発見した鎌。鎌先絵図。家系図などなど

貴重な資料が山の様に蔵の中にある老舗旅館「湯主一條」

「代々直系の長男でなければ後を継ぐ事は出来ない」

 という家の掟を守り続け二十代目。

この資料が巻物や古文書など沢山残っている事が、非常に珍しいP30

と600~700もある古文書を「日本温泉文化研究会」の皆さんが3~4年も

かけて調べて下さって、その目録が来年あたり公表される予定です。

私達も楽しみにしております。P47 

今回の大震災P5eでは、多くの方々が先祖伝来の土地を奪われどんなにか

つらい思いをされている事でしょう。P2b 

簡単に「国が土地を買い上げる」では済まされないのです。

その中には老舗といわれる企業も数多くあります。

湯主一條の二十代目は、

「約600年も続く先祖伝来の宿を守り続ける」という覚悟

この宿を継ぐ為に4番めにやっと産まれた跡継ぎの末っ子長男の二十代目

生まれる前から期待され幼少の頃から道が決められて育ったので

その覚悟は私達には計り知れないものなのだろう・・・・と推察します。

ご先祖様に守られて、熱血二十代目の思いもスタッフに伝わり

お客様にも伝わって、エネルギーとパワーをだしているのでしょう・・・・

『Old is Beautiful』 それは二十代目の熱い気持ちを指しているのかもしれません。