一條セレクトのワイン

一條セレクトのワインやシャンパーニュは、G64

英国王室ご用達でイギリス最古の300年続くワイン商

「ベリーズブラザーズ&ラット」と老舗繋がりで、

直接お取引してお客さまにお求め易い価格でご提供しております。

あの有名なタイタニック号にも当時BBRのワインを大量に積んで

いたそうです。

英国王室ご用達とあって、王室の方が飲まれたワインには

個人個人のマークがついています。

ウイリアム皇子の結婚式のパーティで提供されたワインも

一條セレクトの中にあります。G64

今のワインリストには、そんな事を明記していないので再度

そんなストーリーを書いてワインリストを作り直そうと昨日

ひらめいちゃったP25G2f

以前はエリザベス女王が即位した時のパーティで提供された

ワインも一條のリストにありました。

ワインリストが時々変わるので今このワインは変わっていて無いそうです。

4年前に、BBRの取締役のランスさんがわざわざ一條を訪れて

下さって是非、イギリス本社に来て欲しい。というリクエストに

応えて3年前に思い切って行って来ました。G3d



宮殿のすぐ近くにあるBBRの本社です。F4e

とても歴史を感じさせる素敵な雰囲気のいい本社でした。

ナポレオンが隠れていたというナポレオンセラーや

最後の決闘が行われた場所などなど、本社を案内して頂いて

あの時は、歴史を感じる古い建物の価値を再認識して一條の本館を

改めて素敵だ。と思い、ヨーロッパの方々が一條の本館に惹かれる

気持ちが良く分かった気がしました。

やっぱり歴史を感じる一條の本館で頂くワインは、歴史の香りがする

ストーリーある物がマッチします。ゆっくりと浸りながら楽しめます。

一條で提供しているグラスシャンパンも実は皇室の方々も飲まれた

マーク入りのこちらのシャンパンをお出ししております。F4f



「ベリーズユナイテッドキングダム・キュベ・ブリュット」

エリザベス女王のマークとチャールズ皇太子のマークが

ついているのでお二人共飲まれています。

東北ではBBRのワインを扱っている所は2・3店舗しかありません。

「東北に来たらやっぱり日本酒でしょう」と思われる方が多いと

思いますが、ワインのお好きな方は是非お試し下さい。P2a

 

 

 

 

 

外国人が憧れる日本の伝統的な着物姿

先日、一條で行われた結婚式の写真が海外の方の

目に留まり素敵だと言っていると聞いたので、

私のお気に入りのフォアトを幾つかご紹介いたします。

台湾などの雑誌社が数年前に取材にいらした時、ラウンジに

飾ってあったウエディングの写真が気に入り「今、これを撮影したい」

と言われ驚きましたP30



これをするには、御仕度するのに数時間かかる事や、高額な費用が掛かる事

などを説明し、今すぐには仕度は出来ない事を伝えました。

海外の女性たちには日本女性が結婚式に着る着物姿が羨ましいらしく

憧れている人もいるようです。私達もそれを聞くととても嬉しいですね。



日本人でも憧れますよね。特に一條のまるで映画のセットの様な

歴史を感じる雰囲気は、ロケーションが素晴らしくて

ロケーションフォトの結婚式のプランを数年前に打ち出した時の反響が大きく

てとても大変になったので消してしまったという経緯が実はあります。



日本の伝統的な「蔵」をバックに撮影した純和風の昔風の黒留袖姿も

今では、日本人にもとても新鮮に写りますね。

こんな写真はなかなか撮れません。



モデルは、以前いた一條の美人スタッフさんです。

この写真も数年くらい前に撮影した物です。

プロのモデルではありません。

洋風も一條の歴史ある本館に良く似合うんですよ。実は・・・・



綺麗でしょう~G41 素人でもモデルの様に美しく仕上げてしまう

一條でお願いしている美容師さんの腕にいつも感心しています。

綺麗な物を見るのは嬉しいですね。

 

 

さくらんぼ



毎年、山形に「さくらんぼ狩り」に行かれるお馴染みさんから今年も

沢山のさくらんぼのお土産を頂戴しました。F52

美しいですねG41

この方々、本当はご予約を頂いたのは来週だったんですが、その日は

予約が取れずに1週間早めてご予約して頂きました。

それが丁度さくらんぼのタイミングが良かったらしく、今年はとても早く

シーズンを迎えた様で、本来の1週間後の予約だったらもうサクランボ

は終わってしまっていた所でした。なんとラッキーな方々でしょうG41P30

頂いたサクランボを一つ摘まんでみると、丁度食べ頃で甘くておいしいG41

料理長が「明日・あさってくらいまでかな」と。良かった。良かった。P40

さくらんぼ狩りでサクランボを沢山食べていらしたと思われるので

夕食時のデザートに添えられるサクランボを別なフルーツに変更して

お出しする事にしました。「お客様の喜びは我が喜び」