薬湯(やくとう)

600年前から「奥羽の薬湯(やくとう)」と言われ

傷、火傷、一般手術後、婦人病、リウマチなどに効く名湯と

親しまれ湯治場として栄えて来た「鎌先温泉」

一條の薬湯の源泉は、鎌先の元々の源泉です。

傷などが治るので薬の様なお湯という意味です。

「塩化物ナトリウム硫酸塩泉」で空気に触れると茶色い湯花

浮かぶという特徴があり身体がポカポカになります。

この茶色の湯花がお風呂に浮いていたり、タイルなどに付着し茶色に染まって

しまうのは温泉の性質なので仕方がない事ですが、お客様によっては清潔感

が無いと感じられる方が時々いらっしゃいます。

私どもの薬湯は、源泉かけ流しで湯治をしていた頃と変わらずお客様に泉質を

味わって頂く様に使用しているので古い造りで、それがいかにも効能を感じさせ

歴史を感じさせると私は思っておりましたが、お客様からもそうおっしゃって

頂くので「そうそう。そうでしょう。P35」と同感していました。



湯口に「茶色く浮かんでいるの物は湯花です」と明記してあります。

脱衣場と排水口周りの清掃は、

毎日、7:00・12:00・16:00・18:00・21:00

と5回しております。勿論、お客様が入浴中の時は排水口の清掃は避け

次の時間にしますが、薬湯は毎日または、一日置きにはお湯を抜いて清掃

しています。一條では昼にお湯を抜いて清掃している為、日帰り入浴はしていません。

一番綺麗なお湯を張った「一番風呂」で宿泊のお客様に気持ち良く過ごして

頂く。宿泊のお客様しか入浴されないのでお風呂もお湯も汚れずに常に清潔に

温泉を楽しんで頂ける様にと準備しています。

たとえ、薬湯をリニューアルしたとしても、茶色の湯花はタイルなどに付着し

床などを茶色に染めて行きます。温泉通の方々には大変喜ばれる泉質なので

清潔感が無いと感じる方は、内湯と露天風呂が付いたもう一つの温泉にお入り

頂ければ良いと思います。2種類の温泉がありますので。

この茶色の湯花が汚いと、以前から忘れた頃にたまに言われ指摘される度に

悲しくなります。昭和のはじめまでは湯花を売店で販売もしていた程です。



この写真の様に徐々に床も茶色になって行きます。

これをお客様に汚いと指摘されると、漂白するのには

スタッフ達の危険が伴うのです。しかも自然環境にも良くないので

何故、そこまでして、この茶色を落とさなければならないのかP31

と、とても悲しくなります。

館内案内時にスタッフ達に「茶色の湯花」を説明する様に指示を出しました。

こうして本物が、どんどん失われていくのでしょうね。

お夜食メニューのアイス

お夜食メニューの中の「アイス」を変えてみました。

震災復興応援に協力する為、紹介され料理長と一緒にお味見を

して牧場のジェラードにしてみました。



ボリュームがあって食べ応えあります。

お風呂上りに「アイス」食べたくなりますよね。特に女子はP2a

ジェラードだから少し溶かして食べたほうが美味しく召し上がれるかも

しれません。さっぱり味です。

因みに、今までは地元の「山田乳業」で作ったバニラアイスでした。

あらっG40 ごめんなさいG41

こちらがまだ少し在庫があるようなので無くなったら牧場のジェラード

になるそうです。

牡蠣天うーめん

冬は身体が栄養不足になるんだそうです。

それで肌荒れなどが起こるので「牡蠣」を食べるといいそうです。

牡蠣は低脂肪高タンパクの食品で、アミノ酸(18種類)、ビタミン(A、B1、B2、C)

ミネラル(亜鉛、鉄分、カルシウム)、グリコーゲン(ブドウ糖)タウリン(アミノ酸の一種)

など栄養素をバランス良く多量に含むため、

「海のミルク」「海の完全食品」とも言われていますね。
中でも、特筆すべき栄養素は亜鉛、グリコーゲン、鉄、タウリンです。

「牡蠣」と言えば白石市の商工会議所の隣に「いち藤」という

小さなお店がありますが、「牡蠣天うーめん」私のお気に入りです。



冬ももう少し。私も「牡蠣天うーめん」食べて栄養補給したら

風邪ひいて乾燥していたお肌が治っちゃったP30

牡蠣のおダシがスープに染み出ていて牡蠣の身も大きくて

食べ応えあります。ただし、月曜日はお休みです。