海外のご縁

先日タイからのお客様がいらっしゃった。
とても穏やかで紳士淑女。
タイの方々は動作もゆっくりだし、
話し方も穏やか。

という方たちと3月にまた会える機会が出来た。

私が現地バンコクへ乗り込むことになった。

再会を楽しむのはもちろんだが、
いろんな事を教えてもらう。

5月には極東ロシアで講座をやることも決定。
地道なことだが、こういうことを続けることが
自分の実になり力となり、
そして自社及び地域の力となる。
次世代へもいい影響になると嬉しい。

時を味方につける

「努力は報われる」
とよく昔言われた。

でもそうだろうか・・・と考えていた。
受験生の娘を見ていて、
最近「これだ!」と当り前ながら思ったことがある。

「毎日欠かさず、やり続けること」
もしこれが3年続いたら。
1日3時間でいい。
いや2時間でもいい。
毎日コツコツ3年やり続けていたら、
恐ろしいほどの成長になるだろう。

3年続けてきた人と、今日から始める人では
雲泥の差、力の差が出ているのは明白。

毎日基本中の基本だけでもいいから
やり続けていれば力がついてくる。
その力が「運」にもなり「実力」にも
なるのだろうな。


毎日コツコツと地味なことをやり続けていた娘から、
改めて真実を教えられた。

お稽古

今年の1月から、仙台の友人に誘われ、

「仙台藩作法」

を始めました。
仙台市内にある「伊達家伯記念館」にて
月2回稽古をつけてもらうのですが、
何と伊達家18代後当主「伊達泰宗公」直々です。

武道はもちろんですが、
仙台藩としては作法をとても重んじていた。

殿の動きには無駄な所が無く(当り前だろ!)
かっこいい。品が違います。

昨日も行ってきたのですが、香爐の掻きあげから。
掻きあげ3年といわれるくらい、繊細なもの。
それを一通りやった後に、香道をききました。
それをイメージして「和歌」を作ったのですが、
全く初心者である私は緊張しきり・・・。

しかしこういう時間はとても貴重だと感じる。
趣味は?と聞かれたら「香道です」と答えられるには
まだまだ道のりは遠い・・・・・・。