縁の下の力持ち

先日撮影がありました。
その模様は女将のブログに載っています。
http://www.ichijoh.co.jp/blog/?p=4986


撮影や取材を受けている時に思うこと。
視聴者が喜ぶ番組や誌面を作ろうと、
撮影隊は真剣にやっているし、
宿泊のお客様に迷惑がかからないようにと
配慮してくれている。
本当にありがたい。

夏の暑い時、冬の寒い時であっても同じ。
その情熱は映像となって伝わるのでしょう。

「感動」したり
「笑い」になったり
「涙」になったりと・・・。

縁の下の力持ちがしっかりしているからこそ
舞台に上がる人は輝くことができる。

今日もお客様が喜んでお帰りになっている。
その笑顔があるのもスタッフ一人一人の活躍。
サービススタッフ、厨房スタッフ、清掃スタッフ、
みんながいるから、
みんなの協力体制があるから、
お客様へ気持が伝わる。

心が優しい人たちと働けるのは、
とても嬉しい。




10年ひと昔

定期的にある仲間と勉強会をやっている。
今回も行ってきたのだが、
この会を始めてから10年を超えている。

10年ひと昔と言うが、
10年前のマーケティング手法と現在は
全く違うものになっている。

何もかも少しずつ変化をしてきている。
この時に変化したというのではなく、
グラデーションのように徐々に、
気づかぬうちに変わってきている。

この勉強会の仲間は10名。
お互い切磋琢磨する仲間。
ここでも「誰と付合うか」
という「人」が関わっている。


勉強会と共に楽しみにしているのが、
新しいお店の発見。
あるお寿司屋さんが贔屓にしているBARへ
行ってみた。
(これは次回のメルマガでも紹介しよう!)

Bar High Tide
西麻布にほど近いところにある
落ち着いたBAR。



頭を降る回転させた時のビールは美味い!



早い時間から入店したことも幸いし、
先客がいない。
落ち着く店内でマスターとの会話を楽しむ。

20時を過ぎると、
食べ物も注文することが可能となる。
今回いただいたのは「四川風麻婆豆腐」




BARで麻婆豆腐をいただけるとは思わなかった。
ウイスキーの「山崎」を飲みながらの
麻婆豆腐は絶品。
口の中に広がる辛みと山椒の香り、
それとウイスキーがピッタリではないか!

新しいお店を発見できた喜びと、
よき仲間といることの喜びとで、
少々飲み過ぎ・・・。

聞けばこのお店はオープンから10年という。

共通点ができたようで、嬉しくなった。
ここのお店もよき「お客様」が支えているのだろう。


人って素晴らしい!


予算の範囲内って・・・

「お前だけいい思いするなんて。
 みんなサービスをしてマイナスになってもやっているんだ
 これからは予算の中でやってもらう」

と、ある会合でいわれた。


当社を利用してくれるお客様は、
私たちの接客・料理・雰囲気・清掃(清潔さ)等々
「価値」を認めていただき、
その対価としてお金を支払ってくれている。

施設を利用し、飲食をした場合それなりの料金を支払うのが
当たり前。
そんなことは小学生でもわかることだ。

個々のお客様が、
「今回の予算は○○円だから、その範囲でやってくれ」
などという方はいらっしゃらない。

今回のこの発言は経営者の集まりでの出来事。
毎月会費を納め、参加しているのは全て経営者。
それが赤字になってもいいから、
予算の中で収めろという。

なんとも嘆かわしい。
身を引く時期に来たといえる。