正月準備

クリスマスが終わると、
年末年始、お正月の準備に追われてる。

神棚から始まり、玄関周りと、
やることがいっぱい。

おかげさまでクリスマスから年末年始まで
お客様も多くいらしてくれている。

ということで朝早い時間と、
チェックアウト後の落ち着いた時間を使う訳だが、
いつも思うのが、
もう少し早く準備をしておけば・・・
毎年のことながら困った癖である。
といいながら何とか正月の準備は整いつつある。

明日は晦日そして大晦日と続く。
年明けの3ヶ月が肝だな。
攻勢に出る準備は着々と進んでいる。

4月には新入社員が揃う。
正月準備はばたついたが、
新しいスタッフをお迎えするのは優雅に迎えられそうだ。




近頃の傾向

記念日を過ごすために宿泊されるお客様が
増えてきている。

誕生日祝い
結婚祝い
退職祝い
還暦・喜寿・米寿のお祝い等々

お祝いとわかっている宿泊もあるが、
サプライズを企画したいというリクエストもある。

宿泊日と記念日がぴったり合うことは
なかなか難しい。
そうするとせっかくのお祝いだからということで、
早めのお祝いでいらっしゃる方が増えてきた。

記念日前でも過ぎても、
「ありがとう」という感謝の気持ちは変わらない。
微笑ましい光景を見ると、
接客する自分たちも心打たれる。
そしてその波動が旅館全体に広がる。

今日はどんなお祝い事があるのだろう。
楽しみだ。



旧友遠方よりきたる

ドバイから友人が泊まりに来てくれた。


私がホテルインターコンチネンタル東京ベイを
辞めて旅館に戻ってきたのが1999年のこと。

途中入社だった私は、同じ時期に入社した仲間
4人で総支配人(GM)室へ行った。
横浜のインターコンチから異動してきた2人、
帰国子女そして私。

GMは一人一人声をかけるが、
私だけ声をかけてもらえなかった。
悔しかった。
その悔しさがパワーになった。

英語が苦手だった私だが、
コンシェルジュのポジションを与えられ、
四苦八苦したが、そのおかげで理解できるようにもなった。

その時の同期入社の一人が来てくれた。
彼女は現在ドバイに住んでいる。



ドバイに行く楽しみが一つ増えた!