世の中ってシンプルな構造

昨日は楽天・ソフトバンクの開幕戦を観戦。
VIP枠ということで招待をいただいた。



初回、2回とソフトバンクに点を入れられ、
0対3で迎えた2回裏から楽天の打線に火がつく。
一気に逆転をしたと思ったら、
その後も追加点を入れて、
終わってみれば7対3。

その後の激励会にも参加。



三木谷オーナ、星野さん等々の挨拶の後に乾杯。
寒い中ではあったが、満足した一日。

それもこれも日頃の行動からくる信用だと感じる。
招待券をいただけるのは誰でもではない。
会社もそうだが、スタッフ全員の日頃からの行いによる
信用があるからこそであると確信している。


今朝の朝刊には新型プリウスHV4WDの広告がでている。
そこに起用させてもらったのも当社である。



昨年はいろいろあったが、
良いこともあれば、しんどいこともある。
しかしどちらもいつまでも続くことはない。

しかし良きことは続いてほしいと思うものだ。
そのためにはどうするか。

これからもコツコツと良きことを続けるのみ。
世の中ってとてもシンプルだ。
この構造を分かっていれば、
極端に嘆くこともなければ、
浮き足立つこともない。





定期的な勉強会

マーケティングという言葉に触れたのは
もう10年以上前になる。

世代交代したばかりで、
WEBを使ってどう集客するか、
に必死になっていた。

その時からの仲間であり、
現在も奇数月に2日間の勉強会をやっている。
そしてその時の楽しみが、
勉強会を終えてからの食事だ。

今回はあるホテルのコンシェルジュに紹介してもらったお店へ。

「寿司 勇」
http://sushiyuu.com/



何度かお邪魔しているが、
6人で行くのは初めて。
さすがにカウンターは難しいので、
2階のお座敷へ。


刺身の盛り合わせ。
いやはや、カツオのうまさにビックリ。


彩りが綺麗。
ウニの軍艦に海苔が無いのもいい。
そして極めつけが、シャリ。美味い!


炙りは出されてすぐ食べるに限る。

他にもいろいろ出たが、
話しをするほうが先になってしまい
写真データが残っていない・・・。

このお店の情報はメルマガでも紹介したことがある。
どのお店もこだわりがあり、唸らせるものがある。

しかしながら東京という大都市において、
ましてや西麻布という激戦区で生き残るのは大変だ。

勉強会で学ぶことも多いが、
よきお店に出かけることにより学ぶことも多い。

まずは行動あるのみだ。


この時を待っていた

世代交代から少しずつやり方を変え、
湯治場から現在のスタイルに変わった。

当時私が一番のお荷物と思っていたのが、
木造本館。
湯治場で使っていたイメージが抜けきれず、
どのようにすればいいのか悩んだが、
それを吹き飛ばしたのが女将の提案。

「個室料亭」

ともあれ13年という月日をかけて作ってきた
イメージとそれに合う行動。
それによりこの度この木造本館が、

「国登録有形文化財に指定」された。




建設中の本館はこうしてみるとかっこいい。



そして現在の木造本館。




完成当時(昭和16年)は当り前の建物であったろうが、
今となっては建てることすらかなわない。
それが今目の前に存在しているということ。
歴代の当主に感謝をすると共に、
経済成長の時であってもその流れに乗ること無く、
頑にこの本館を守り続けてくれた無き父19代目。

本当に感謝である。

我が宝であり、鎌先のシンボルであり、
白石の宝!