七十七銀行月報より

年に4回メインバンクである
七十七銀行の調査に協力している。

先日届いた月報に興味深いレポートがあった。



東日本大震災前の数字に少しずつ
近づいてきているのがわかる。

そしてランキング。



トップ3と東北各県のランキング。
東北が束になってかかっても
観光入込については3位の北海道にすら及ばない。
ここにはデータがないが、
東北6県と函館市の1市と比べても
函館市にかなわないという数字も出ている。

外国人観光客が全てではないが、
一つの指標としてみていく必要がある。

これは金融機関が出す必要はないが、
入込数というより宿泊者数というデータが出ると
もっとリアルに見えてくるはず。
入込には日帰りも含まれるので、
実際の宿泊だけでみると
どんな数字になるか興味がある。


新コンセプトのホテル

私はホテルが大好きだ。
小学生の時から夏休みになると母の実家(東京洗足)に
遊びに行き、最後の1泊を京王プラザホテルに泊まる
というのが常であった。

ホテルで過ごす時間がとても気に入り
それがホテル学校へ進み
ホテルに勤務することへつながる。

そしてホテルではコンシェルジュに憧れ、
ホテルインターコンチネンタル東京ベイに勤務の時
憧れの「コンシェルジュ」となる。
かれこれ18年も前のこと。

旅館に戻ってからもコンシェルジュの仲間とは
連絡をとったり飲みに行ったりと、
長いことお付き合いをしてもらっている。

その仲間たちと先日あるホテルに行ってきた。
TRUNK HOTEL(トランクホテル)
https://trunk-hotel.com/



二次会ということでこちらのBARへ。



22:30過ぎにもかかわらず
BARはたくさんの人たちで賑わっていた。

キャッシュオンデリバリー方式

シティーホテルのような雰囲気ではなく、
カジュアルなカフェといった感じ。
BARが目的ではなくとも気軽に入れる店内。

「ソーシャライジング」という新しいスタイルのホテル。
ソーシャライジングとは
「自分らしく無理せず等身大で社会的な目的を持って生活すること。」
ということらしい。
よってBARが無理せず等身大というのも頷ける。

このホテル、アクセスという面では不便。
しかしながら宿泊及びカフェやBARは人気。
様々な目的を持った人たちを受け入れる空間が
そこにあるから、
交通の便はあまり関係がないのかもしれない。

次回は宿泊をして、
もっと空間を体感するとしよう。

行動力の早さ

日本人の社交辞令で、
「では近いうちにお会いしましょう」
「時間を作って遊びに行きます」等々

意気投合した時の別れの時に、
よく耳にする言葉がある。

そこに日付(数字)が入っている訳ではないので、
近いうち、時間を作ってというのには
何の根拠もない。

「明日からダイエットしよう」というのと同じ。
明日になったらまた明日から・・・となる。

よって私も何が何でも会いたい、
という人と別れる時は、
次回の予定を確定してから別れるようにしている。

先日仕事で青森と岩手に行ってきた。
盛岡で伺ったBARの方が先日宿泊にいらしてくれた。
私は出張中のため会うことは叶わなかったが、
彼の行動の早さには驚いた。
有言実行。

良き仕事をする人は、
言うことと行動が伴っている。
さすがだ。