2017チャンピオンコーヒー豆

仙台で素晴らしいコーヒーに出会った。
コーヒ専門店。
コーヒーのみを扱っている。
食べるものは無い。
(コーヒーゼリーは別だが)

その名は「松本珈琲店 まつりか」
http://www.matsurica1978.jp/



現在は2代目が跡を継いでいる。
この後継者の経歴が素晴らしい。
東京のホテルおよびレストランで経験を積む。
その中で「ソムリエ」の資格を取得。
28歳でシニアソムリエの資格を取得。
これは最年少記録である。

お父様が体調不良のため現役を退くことになり、
彼が仙台の地に戻ることを決意。
そしてやるからにはということでブラジルに渡り、
ポルトガル語をマスターして、
ブラジル認定珈琲鑑定士を取得。
ソムリエとしての経験が、鑑定士の試験の際に役に立ったという。

これだけの経歴を持ち、こだわりを持っている方。
ちょっと近づきにくいかな、と思ったらそうではなかった。
作業中にもかかわらず、丁寧に教えてくれるし、
気さくに会話をしてくれる。



「お湯を注ぐ」ではなく「お湯を置いていく」
という表現をされた。
そうすることで雑味が消えるのだという。
さすがはソムリエ。
言葉の扱いが素敵だ。



出来上がった至極の一杯。
雑味が無く透明な感じであるが、
コーヒー独特の旨みと深みを感じる。
何せ使った豆は、ブラジルでチャンピオンになった豆。



世界で60箱しか手に入らないもので、
しかも抽選というから、
まさに奇跡の一杯といえる。

自家焙煎で朝から準備に余念がなく、
こだわり抜いたコーヒー専門店。
わざわざ足を運ぶ価値があるお店。

ちなみにエスプレッソも美味かった。
これぞ本物。
こういうお店が仙台にあることが嬉しい。