最近読んだ本の中から

月に何冊かは本を読むようにしているが、
いい本に出会うことはなかなか無い。

しかし今回はいい本に出会った。
まだ途中であるが、
出だしから素敵である!!





自分たちが分かる事業を、やたら広げずに、
愚直に、真面目に、
自分たちの頭できちんと考え抜き、
情熱を持って取り組んでいる企業

これが優秀企業と言われるという。
いやー秀逸だ!

そして、


やらないことの勇気。

サービス業をやっていて
お客様のリクエストになんでも応える
という風潮がある。

時にそれが予期せぬ方向へいくことがある。

経営者として
「なんでもやってあげる」
から
「やらないことを決める」
という勇気も必要だ。

これも言われてみれば当たり前のこと。
全てはトレードオフ。
なんでもありは企業を弱体化させて、
競争の波に飲まれるだけだ。