プレオープン中

山形の南陽市にある赤湯温泉。
一軒の宿がプレオープンをしている。

「山形座 瀧波」

以前は、いきかえりの宿 瀧波
として営業していたが、
諸事情があり一旦閉鎖をし、
7月11日より新しく生まれ変わった。

玄関のアプローチから変わって、
重みを感じた。




ウエルカムドリンクに私は生ビールを!
地元の枝豆が添えられていた。

今回通していただいた客室は、
瀧波で一番大きなお部屋。
蔵01というところ。






源泉かけ流しの露天風呂は気持ちいい♪




そして楽しみの夕食は17:45からと
19:15からの2部制。
私は早い時間を予約。
カウンター席を用意してくれた。




鉄板焼きのような雰囲気。
ここで料理長自ら仕上げをして
提供してくれる。





















食事と接客を堪能し、
ゆっくり寛ぐのを目的としていたので、
珍しくお酒は控えめにした。
飲んだ種類は、


龍を4つ書いて「てつ」と読ませる。
フルーティーで飲みやすい♪






コストパフォーマンスがいい日本酒、
ワイン、焼酎など、
いい感覚で取り揃えてある。

程よく飲んだので
朝食は美味しくいただくことができた。




瀧波では餅つきが定番だった。
餅つきのデモンストレーションは無いが、
味噌汁の中につきたてのお餅が入っている。


豆腐にコメを餌として食べさせている
鳥が産んだ卵の卵焼き。

一つ一つ確かめながら、
ドキドキしながらではあるが、
一歩一歩進んでいるように感じた。

10月1日がグランドオープン。
いろんな困難はあると思うが、
それを乗り越えて、
信用を築き上げてもらいたい。

信用に勝るものはないと思う。











素敵な音楽に浸って・・・

昨日は素敵な音に癒されてきました。

当館のお客様であり私の友人でもある
玉野井美都子さんが企画をしてくれた、
10名だけのコンサート。

玉野井さんはピアノを弾き、
新日本フィルのコンサートマスターである
西江辰郎さんがバイオリンを弾く。
目の前で奏でる音楽は、
身体中に響くものだった。

生演奏を聞いた後は、
アトリエデリスの佐々木シェフによる
料理を堪能。

そしてこの日のために、
伊勢志摩サミットで提供されたワインも準備された!
なんとも贅沢。

初めて会う方もいたが、
そこは大人の集まり。

よき音楽には、よき仲間が集まるのだから、
あっという間に打ち解ける。

音楽、料理にワイン、おしゃべり。
これが整った居心地の良い時間だった。

最後に西江さんのCDを購入して、
一緒に写真撮影。



このCDをレクサスの送迎で使うことにしよう!






親方オススメのBAR

昨日掲載したお店「貴田乃瀬」
お店の冷蔵庫には、日本酒はもちろんだが、
ワインも取り揃えている。

これだけのこだわりを持った親方ならば、
よきBARも知っているだろうと思い、
帰り際にオススメを聞いてみた。

愛想はないけど、
東京でも十分やっていける能力の持ち主。

そう太鼓判を押してくれたお店が、
「ル パラディ」(Le Paradis)



時間が早かったせいか、
店内は自分たちだけ。
ラッキーです。
全長14メートルのカウンターは気持ちいい。
BARの醍醐味はカウンターと言っても過言ではない。



お決まりのダイキリをオーダー。



何も言わなかったのに、
フローズンスタイルにしてくれた。
これはこれでありがたい。

聞けば浜松の地で27年目という。
大ベテランのバーテンダー。

このほかにはジンフィズとフォッカトニックをいただいた。
ロンググラスに合わせて氷も長細くカット。
当たり前と言ってはそれまでだが、
仕込みをしっかりしているというか、
仕事への真面目さがみて取れる。

私たちが話に夢中になっていると、
カウンターの端にいて、
決して出しゃばらない。

こういうお店もまた、再訪したいと思わせる。
連泊だったら続けていけたのだけど・・・。

またよきBARを一つ発見した。

ル パラディ
https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22008145/

静岡県浜松市中区肴町313-12
肴町ビル 4F
電話 053-456-0573