星のや 富士

冬のグランピングに興味があり、
評判の「星のや 富士」に行ってみた。

東京駅からバスに乗車して河口湖へ。
終点からはタクシーでレセプションへ。



この中から好きなリュックを選んでフロントへと向かう。



お茶をいただいたら客室へ。

階段の多さには驚いたが、
グランピングがテーマだからそれはそれなのだろう。
個性的な客室を見ながらたどり着くと、
部屋から富士山がバッチリ!





天気と気候に恵まれたこの日は
森を散歩するに絶好の一日だった。

階段を登っていくといろんなスペースが確保されている。









夕食はスタンダードにしてみた。
オールジビエというメニューもあったが、
初めてということもあり、無難な方に。










食後はまた森の中に入って散策。
一番上のラウンジではウイスキー(有料)があるというので行ってみた。
程なくギターのコンサートが始まるというので、
ウイスキーとつまみで30分じっくり耳を傾ける。





一帯が暗くなっているところで炎が見えるというのは
なんとも幻想的で心が落ち着く。

翌朝は好きな時間にレストランへ。
温かいスープから。







森を遊び尽くす空間が広がっていた。
これは一泊ではもったいない。
いくのであれば連泊でいくのがベストと言える。

坂そして階段の多い星のや富士。
働いているスタッフは皆さん若い。
そりゃそうだ。
掃除や案内。
何をするにしても体力が必要な場所。

雨の時も大変だけど、
雪の時はもっと大変だ。
こうしてみるとうちはまだまだ恵まれている。

今度行くとしたら、
北海道のグランピングだろうか。

クリスマスプレゼント

大先輩から宅急便が届いた。
袋を開けると日本酒の箱。

あれ?
あの方が私に県内の日本酒を送るはずがないなぁ〜
と思い不思議に思い開けて見たら!!!



来年の干支である戌がガラス細工によってできているボトル。
こちらのボトルはもちろんベネチア製。



箱の犬もいいですが、
瓶の中の犬もなかなか味のある出来栄え。

昨年もクリスマスプレゼントに酉年の「ますいずみ」をいただき、
恐縮にも今年もいただいた。

年末年始の慌しさに乗じて、
クリスマスがあっという間に過ぎ去る中、
こういうプレゼントはホッとする。

日々忙しくしていてはいかんですね。
年明け早々にいただくとします。




白石高校 合格祈願力餅

今日は母校であり、娘の通っている
白石高等学校の餅つき。

ここ数年恒例の行事になった。
この餅つきは「力餅」と言って、
受験を控えている普通科の3年生と、
宮城県内で唯一の看護科専攻科2年生(看護師国家試験を控えてます)
を激励するための行事。

もちろん在校生全員に振舞います。
朝早くからPTAのお母さんたちには仕込みをしてもらいました。


これが一番大変です。

調理が終わると一休みしたお母さんたちは、
配るための準備。


本当に助かります。

そして自分はというと、
全校集会が終わるのを見計らって、
ペッタンペッタン開始です。





このあと生徒さんたちに振る舞い、
生徒たちも興味がある人は餅つきを体験。
生徒も先生も和気藹々と楽しみながらの餅つきでした。

来年もまた生徒たちの笑顔を見るべく、
張り切ってつくとします!

それにしても腕と腰が痛い・・・
明日の朝が怖い。