謹賀新年

2018年のスタート。
穏やかな天候に恵まれて、心地よいスタートを切れました。

年頭挨拶の前に勤続31年を迎えたスタッフから
今年の3月いっぱいで退職を、、、
という申し出があった。

当社は定年が65歳。
今までも定年まで勤め上げてくれた人が多くいた。
しかし今回は少々寂しい。
わかってはいても何とも寂しいものだ。

私が高校3年の時から働き始め、
旅館の浮き沈みを乗り越えてきてくれた。
まだまだ働けるので残念だが、
体力そして健康なうちに
大好きな野球を存分に楽しんでほしい。
今シーズンからは休みを取って観戦に行かなくともいいのだから。


さて私はというと、
年頭挨拶の後に神棚に挨拶をし、
御節をいただくとする。

仙台にある中華のお店
「KUROMORI」さんの御節。







昨年は注文するのが遅く間に合わなかった。
それをわかっていたオーナーは事前に連絡をくれた。
おかげでありつけるということ。
ありがたくいただくとしよう。


昨年辺りから世の中の流れが変わってきたように思う。
言語化できないのが歯がゆいが、
体で感じ取るもの。

手を抜くことなく、一つ一つを丁寧に、
そしてコツコツ積み上げる精神を忘れずにやっていこうと思う。

輝かしい一年の始まりだ。