桁違い

台湾には「台北101」という
東アジアNo,1の高いビルがある。
このエリアは超富裕層が集まる場。





このビルをはじめとし、
この付近のマンションはフロアごとに
警備員が配置されている。

そして駐車場だが、地下駐車場というのは当たり前。
それよりここの常識は、
車でそのまま自分の住んでいる階まで上がるという。

ここではメルセデスやBMWは最低ランク。
マセラッティ、ポルシェ、
ベントレー、ロールス・ロイスが当たり前。
なんとも桁が違いすぎる。

シャープを買った鴻海精密工業のトップ、
郭台銘氏もこの近辺にすんでいる。
郭氏はこの付近の土地も所有している。

ちなみに開発の進む前はどんな土地だったか?
その一部がカフェや資料館として残されている。





経済の発展には犠牲が伴う。

何かを捨てなければ、

新しいものは手に入らない。

 

台北市内には30年以上経った建物がいっぱい。

それを取り壊すこともできるが、

そうなると土地の値段が跳ね上がる。

ということは家賃にそのまま反映される。

よってリフォームするしか

今のところ手立てがないという。

 

世界を見るといろいろ刺激になる。

何を捨てて、何を手に入れる?

 

 

 

 

コメントをどうぞ

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)