温泉視察

他社を見るというのはとても大切。
自社に取り入れることや、
今まで発想もしなかったことを思いついたりするから。

そこで今回は近場の旅館へ出向いてみた。
最近はインターネットで予約ができるからありがたい。
相手先に気を使うことなく予約ができる!

今回視察へ伺ったのは青根温泉「湯元 不忘閣」
http://www.fubokaku.com/

伊達の家紋を使うことを許されている貴重なお宿。


この写真は、青根御殿(伊達政宗が宿泊した施設)で撮影したもの。
毎朝8:50にフロント前に集合して、
青根御殿を案内しているツアーに参加。
貴重なものを見せてもらえた。

なにせ客室から御殿を見ていたので、
前日からワクワクである。
これが客室から見た青根御殿。


堂々とした風格。
もちろん国の登録有形文化財。

こちらの宿は料理も評判がいい。

























これだけの量を食べるのは久しぶり。
というかさすがにお腹いっぱい。

そしてこちらの宿はお風呂もすごい。
今回は貸切にできるところを増やしてくれていた。
稼働によって臨機応変にやっているそうだ。
その一部がこちら。





もう一つあったが、入浴できなかった。
それにしても贅沢である。
この空間を独り占めできるのだから。
実にうらやましい。

古い建物を大切にし最大限利用していることに敬服。
当館と通じるものを感じた。
リソースを活かすことがとても大切。
それを実践している。

そして担当してくれたスタッフはなんと当館に宿泊実績がある人。
明るく人なつこい笑顔が印象的だった。
自分らしく過ごすことができる宿である。








コメントをどうぞ

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)