箸でいただくフレンチ

銀座には居心地のいいレストランがたくさんある。
私のいう居心地というのは、
「こじんまりとしていること」
「オーナーシェフとの距離が近いこと」
「お店の方と話ができること」
「予約をする時の電話の応対がいいこと」

これらが整うと気持ちがいい。
一番最後に書いたが、
「電話対応」
実はここでほぼ8割が決まってしまっているといっても
過言ではないと思う。

「銀座 ミヤガワ」
https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13097096/
東京都中央区銀座7-3-16 東五ビル4F
03-6252-5990

こちらのお店はまさに電話応対から素晴らしかった。
メニューをどう注文するかわからないと告げると、
こちらに来てからゆっくりお決めください、
と言うではないか。

そこにお店の自信と余裕を感じた。
おまかせをお願いし、
提供された品々は以下の通り。


キャビアとジャガイモのピューレ


寒平目


宍道湖の白魚とカラスミ


ホタテ


氷見の寒ブリ


牡蠣のお吸い物


牧草を食べていない仔牛のステーキ






大通りから一本入ったところにあるお店。
ビルの4階だから看板を見落とさないように!
私は見落として迷子に・・・

ここは一人で行ける数少ないフレンチ。






コメントをどうぞ

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)