お祭り

スタッフ達が準備をしてくれたので無事に「湯神社」

のお祭りを終える事が出来ました。

お天気にも恵まれ暑いG6aくらいでした。

お神酒ってなんでいつも美味しいんでしょうねP2a

温泉が発見された600年前から一條の敷地内にある鎌先温泉の湯神社。

お遍路さんが21番にまわってくる正式な神社で、中には薬師様がいます。

600年間、沢山の人々の身体を癒し続けて来ました。

湯神社には、涙しながら神社に感謝する大勢のお客様から贈られた物が

沢山あります。神社の鈴や階段を登り易くする為の手すりまでお客様

からの贈り物。神社の横に並んでいる古い年号が刻まれた石碑たちも

お客様から寄贈された物です。

大勢の人々に愛され続けて来た湯神社は、その昔から薬の様なお湯だ。

という事で「奥羽の薬湯」と呼ばれて有名でした。

外科医から紹介されて手術後に湯治に来るお客様や、歩けなかったお客様が

湯治をして松葉杖やギプス等を神社に納めて感謝し、自分の足で歩いて

帰られた等、沢山の逸話があります。

そして湯神社は、現代に於いても「お客様を癒してあげるよ」と言って

いるんだそうです。

私は、神社周辺の建物を取り壊して、湯神社に大勢の人々が気軽にお参り

出来るようにしたい。という目標を持って必死に頑張っています。

「待っててね。薬師様。昔のように皆が慕って来る様にしますから」P3d

神社も建て替えてあげるねP38P40

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>