露天風呂付客室と料亭(お部屋食)が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
ご予約・お問い合わせ
7:30〜23:00

当主のたしなみ

  1. home>
  2. 当主のたしなみ

度々読む本

2018年06月4日

なんだか調子が悪いと感じる時、
なんだか運気が悪いと感じる時に
度々読む本がある。

幸田露伴の「努力論」の解説ではないか、
と言われればそうだが、
これは単なる解説や翻訳ではない。
ともあれ「救われた」「鼓舞された」「閃いた」等々
いろんなきっかけをもたらしてくれる本である。
インターネットで検索して答えを見出すこともいいが、
読書から知恵をもらって行動から結果を得ることも
悪くはないとこの歳になって思うところである。
読書は筆者との対話ができるのも面白い。
その時の時代背景なども考えると、
深〜い考えに落ち着くこともある。
日本人に限らず、海外の人であっても
読書から対話ができるというのは実に有益。