ラグジュアリー・ツーリズム

他業種の方々と一緒にいると、考え方が広がるとともに、
知らないことや隠れている本音が見えてきて面白い。

先日もある会合があり出席をしてきた。
そこに集まる人たちの大きなテーマが「観光」だから、
とってもためになる。

6名のライトニングトークがあったが、その中の一人が
「日本でラグジュアリー・ツーリズムが十分に進まない」
ことについて触れていた。

仮説を3つ挙げていた。
その中の一つは大変興味深いもの。
それは、
【そもそも富裕層のことを理解できない人がやっているから】
というものがあった。

これは真実を突いているなぁと感じた。
よってどうすればいいか?
方向性として2つ挙げていた。

1、外部(海外を含む)の力やノウハウを利用する
2、富裕層になりきってみる!(富裕層の体験等)

これには激しく納得してしまった。
その通りである。
本や人から聞くだけではなく、実際にお金を使うというもの。

日本でよく聞かれる「非日常」は富裕層には通用しないということ。
ルレ・エ・シャトーやスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド
に加盟しているところは、世界が地球が標準。

これまで富裕層マーケティングといっても
なかなか定着してこなかった理由が納得した。

東京などの大都市や沖縄(離島含む)はラグジュアリー・ツーリズムが
少しずつ定着してきている。
地方はどうか・・・。
ハードルは高い。

これからのことを考えると、ちょっと視点を変える必要があるな。






コメントをどうぞ

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)