自慢のスタッフたち

今月末の講演に向けて資料を準備している際に、
過去のデータ等をチェックしていた。

売り上げは?
稼働率は?
お客様の人数は?
そして興味深かったのはスタッフの人数。
倍以上になっている!

以前は仲居さんと番頭さん(以前はそう呼んでました)
が食事の準備提供から精算、清掃・・・
とにかく全てを担当していた。

それを代が変わってから
サービススタッフ
清掃スタッフ
厨房スタッフ
に変更。

それぞれの部署を責任を持ってやってもらっている。
接客のプロとして、
料理のプロとして従事してもらっている。

その中で清掃スタッフは全員が当社のパートスタッフ。
このパートさん達がすごい。
チームワークはもちろんだが、
細かいところに目が届く。

それでなくとも当館は建物が古い。
国の文化財に指定されているだけあって、
扱いが大変である。

しかしそこを綺麗に清潔に保つために
毎日丁寧な清掃をしてくれている。

厨房も清掃も基本的にはお客様と会うことはない。
しかしそのおかげで
サービススタッフがいるのである。

縁の下の力持ち。
その存在は絶大である。
これからも清掃や厨房の仲間を増やしていきたい。






発想源

私が慕っている人物の一人が発行してるメルマガ。
しかもそのメルマガは例外なく「毎日配信」

現在はなんと創刊から13年目を迎える。
海外にいようが旅行に出ていようが
地球上にいれば毎日配信をし続けている。

私がその存在に気づいたのは
世代交代して間もなくのこと。

経営状況は超低空飛行状態。
何をどうすればいいのかわからず、
いろんなことに手を出していた時。

これだと感じるものが無かった中で、
発想源のメルマガにたどり着いた時は
素直に実践しようと思えた。

素人から見て「これなら!」
と素直に思えるのが本物だなと感じる。

そして今読み直しているものがある。
2012年発刊の、
「WINBIT MARKETING MANUAL」





この本を貪るように読んで、
書かれていることを自社にどう当てはめればいいか考え、
そして実行に移してきた。

セールスは「売りつけること」
マーケティングは「買いやすくすること」

マーケティングとは「信頼」と「評判」
のために行う。  等々

今の私の原型になっていることが書かれている。
売り急がない。
その前にやることはたくさんある。

時代が進んでもここに書かれていることは
全く色褪せることなく真実だ。

セミナーに出席する時間があるのであれば、
この本をじっくり読み直し、
改めるところは改めることの方が
自社及び自己の成長には有益だ。

これが基本に立ち返るということなのだろう。




台湾人ブロガー

昨日ご縁があり、
台湾人ブロガー2名の宿泊があった。

通訳の方と他に2名の同行者がおり、
私はみなさんの会食後にBARで合流。

初めは観光についてのインタビューだったが、
だんだんと旅館業や観光業についての話に。

通訳の型のレベルが高いこともあり、
話はどんどん発展。

こういう会話は楽しい。

ちなみにFacebookに投稿しているのはこちら。


https://www.facebook.com/japantabi/


11月10日の投稿をご覧下さい。