露天風呂付客室と料亭(お部屋食)が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
ご予約・お問い合わせ
7:30〜23:00

女将のブログ

  1. home>
  2. 女将のブログ

台風19号も大丈夫でした。

2019年10月14日

一條は大丈夫ですよ。通常営業しています。

一昨日は、24:30頃まで裏山から温泉街に大量に流れて来る水の対策。

近隣の旅館さん達と協力し作業にあたっていると、地元消防団が

駆けつけて下さって、何とかこれで安心。という所までびしょ濡れ

になりながら私も一緒に頑張り💪皆さんのお陰で食い止めました。👍

翌朝8:00にチェックアウトされるお客様がいるので、私も朝5:00

から片付け作業を張り切って土方仕事をしていたら、男性陣との

あまりの仕事量の差に情けなくなって笑ってしまった。😅

お客様のチェックアウトの時間頃までにはある程度、片づいていました。

 

今回も社長は大活躍でしたよ。

社長は消防団だから放水作業をする事が出来ます。

高台にある一條から下の温泉街まで、放水作業で

14:00頃には、温泉街全体はすっかり綺麗になって。

まるで何事も無かったかの様に宿泊のチェックインが出来ました。👌

しかし・・・裏山に行く「森の散歩道」は凄い事になっているので

絶対に山には登らないで下さいね。

 

 

 

鎌先温泉の歴史と一條家の系譜

2019年10月11日

国登録有形文化財に指定されている一條の「蔵」に

古文書600~700点もあるのですが東北大学で解読して

頂いている中、途中経過を報告される様です。

こんなチラシが作られてビックリ😱

これは私も社長も行かなくちゃならないね。

事前申し込み不要で入場無料なので、何方でも入場出来ます。

「鎌先温泉と一條家の系譜」

一條家の家系図。や一條家のお墓に書かれている内容を調べられた

様です。500年も続く一條家のお墓は、お庭みたいに広く墓石も

沢山あってあの東日本大震災の後は、墓石が沢山倒れてとても大変でした。

どんな内容なのか、今からとても楽しみです。。

何百年も眠っていた古文書を起こしてしまったら保管が大変なんだそうです😅

 

ササニキシ

2019年10月10日

平成5年の大冷害から消えていた「ササニシキ」。「幻のササニキシ」

等と呼ばれるようになっていますが、かつて白石市のササニキシが

食味日本一になった事もあり、5年程前から白石市の農家さん達が

「ササニシキ復活プロジェクト」

を立ち上げて、作付面積を増やし続けています。

今年も地元で「ササニシキの新米試食会」が行われました。

「ササニシキ」はネタの味を生かすお寿司に一番合うお米。と言われていて

東京の高級お寿司屋さんでは「ササニシキ」を使用しているお店が沢山あります。

勿論、地元白石市のお寿司屋さんは「ササニシキ」使用です。

サラサラしていてあっさりしたササニキシは和食に合うそうです。

 

今年は6月に、ササニシキを作っている農家の方が手作りで「ササニシキの甘酒」

を販売する。と発表され私も試飲し、説明を聞きました。

昔ながらの農家の奥さまが作る製法で、砂糖等を一切使用せずに、

そのまま冷凍しているので米麹の「酵素が生きている」そうです。

自然の甘さなので、控えめな甘さ。「腸の健康」「美肌」😍

と女子には嬉しい加工されていない本物の甘酒。

しかも「ササニシキの新米で」😍と言うので、私は飛びついてしまいました。💕😁

あまりにも気に入ったので「一條の売店で販売したい」と声を掛けたら

とっても喜んで頂いたので、来月の食前酒にフレッシュな甘酒をお客様に

お出ししようと料理長と計画中です。

売店にはその前に置けると思います。只今準備中‼ 来週かな❓🙄

冷凍で置いていますが、解凍後3・4日日持ちします。

お客様の反応が楽しみ💕💕💕