露天風呂付客室と料亭(お部屋食)が人気の老舗宿 宮城鎌先湯主一條
ご予約・お問い合わせ
7:30〜22:00

女将のブログ

  1. home>
  2. 女将のブログ

鎌先温泉と一條家について

2020年12月2日

鎌先温泉とは。一條家とは。

一條家所蔵、古文書などの資料から東北大学、荒武先生をはじめ

とする研究により、証明された鎌先温泉と一條家のあゆみ。

1428年に農夫が草刈り鎌で温泉を発見。その後、1455年の大洪水に

よって温泉は中絶。それから100年以上経過した1573年、

京都から来た初代一條家祖先、一條市兵衛長吉が有馬の湯と同じだと

温泉を高く評価し再興。鎌先温泉の経営に乗り出しました。

江戸時代になると名湯であるという話が広がり遠方からも人々が集まる様になり

歴代の仙台藩主が訪れ繁栄しました。

凶作や飢餓に際して代々地元民への貢献を惜しまず、地域のリーダーとして活躍して来た

歴史が紐解かれました。

現在でもご先祖様に続き、一條一平を襲名し、この地を守り続ける

20代目。お客様をはじめ「信用」を1番。と掲げ、地域の繁栄と

460年以上続く一條家を次世代へ継承すべくこの世に生まれた

使命を果たそうと美しく輝いています。

薬湯の前に展示してあります。伊達政宗公など歴代の仙台藩主たちが入湯した

鎌先の湯に浸かり歴史に思いを馳せて滞在をお楽しみ下さいませ。

来年の干支

2020年12月1日

クリスマスを通り越して一足先に来年の干支を売店に飾ったら

あっという間にSOLD OUT😱

昨年干支を購入した方からも来年の干支も欲しい。とメールを

頂き、もう一人売店に連れて来ようかなぁ😆

売れてしまったものをアップしても意味がないんだけど、

とっても可愛いから😍

    

癒されるでしょう😊

写真に撮って置いて良かった。👌

古文書が語る東北の江戸時代

2020年11月30日

東北大学の荒武先生が、新たに本を出版され、一條家の蔵の中にあった

古文書調査中の一部を引用されました。

 

第7章で取り上げられています。

今回は江戸時代における一條家の地位、地域社会を支えていた事、温泉宿であり

農民であり、武士であり、伊達家や白石城の片倉家との関わりなどを

興味深く取り上げていました。

多額の税金を支払わされていた事や祖先が京都から来た事なども取り上げられています。

 

江戸時代の東北の人々の暮らしや社会をイメージ出来ます。

社長は20冊程取り寄せて購入していました。

興味ある方はこの本を読んでから宿泊に来られると、更に楽しく過ごせるかも

しれませんね。

一條のスタッフには歴史大好きで歴史にとても詳しいスタッフもいますよ😘

因みに哲学者もいます。😊