関東東北じゃらん10月号 別冊に掲載

これから発売される「関東東北じゃらん10月号」

別冊に掲載されました。



凄いG41 表紙で取り上げられている・・・・P30

そして1枚目をめくると、一番先に出ていました。



文化財の「建築美」

先日のお客様のアンケートに、

「本館を護って頂いた事がありがたい。美しい建造物です。」

というお声がありました。

私もカッコイイE26と思っています。

この建物を維持してきた先代は、その年その年で常に変わる消防法

や建築基準法等と戦いながら、この建造物を維持して来ました。

現在と違い高度経済成長期~バブル期には、日本全体が

文化財という物に価値を感じていなかった時代。

この建造物の価値を一番よく知っていて護り通してきた義父が

生きていたら、どんなにか喜んでくれた事でしょう。

ある建築屋さんが以前、私に、この本館の壁を壊して・・・と

改装工事の提案をされた時、私は正直怒りがこみ上げて来たのを

必死で押さえ、「何を言っているのG40この壁は土壁で、この建物は

昔、国の重要文化財の要請をお断りして使っている素晴らしい建築物

なのに、しかもあなたは建築関係のプロなのに。私は指1本もこの本館

には触れさせません。」と言った事があります。

更に、義母はこの本館の壁を壊して食堂を造ろうという計画をしていました。

「それだけは絶対に止めなければいけない。そんな事をしたら、もうウチは

おしまいだ。何としても義母の計画を止めてくれ」と夫である20代目に懇願

した時もありました。

老舗の一條には、東北の伝統工芸品も良く似合い、本物が醸し出す高級感

と味わいはとても魅力的です。E26

本館の個室料亭の部屋ごとに置かれている火鉢の上にある鉄瓶は、

岩手県の南部鉄器。

和室の客室で使用しているお茶筒は、秋田県の樺細工。

お花を活けている仙台の堤焼の大きな壺。

昔から沢山ある欅の箪笥や仙台箪笥などなど。

それらに囲まれて、伝統工芸品を使用しながら過ごす滞在は

格別な物になる事でしょう。

 

 

電球はちみつ

先日、丸森町に出かけた時、とっても可愛い「はちみつ」

を見かけて、思わず買って来ちゃったE26

豆電球に入った蜂蜜。みてG41 小さくてとっても可愛いO47



「トチの木」の蜂蜜だってG31

「トチの木」の蜂蜜はあっさりしていて美味しいそうです。

味見してみたいけど、容器が可愛くて開けられない・・・・P32

「トチの木」と言えば、一條には大きなトチの木があります。

下から幹が3本に分れている大木ですが、

白石市の重要文化財に指定されています。

そうそう。私たちが旅館に来たばかりの時、地震があってその時に

白石市役所から「文化財のとちの木は大丈夫でしたかG40」と

TELが来て19代目の義父に意味が分からず何の事ですかG40

訪ねたら、「ああ。市が勝手 に市の文化財に指定したんだ」と聞き

笑ってしまいました。そんなエピソードを思い出します。

「トチの実」のお団子も美味しいですよね~G2f

蜂蜜は、アンチエイジング効果もあり、美容と健康にいい食品。

社長の知人も高級蜂蜜を生産していて以前に頂いた時はとっても

美味しくって\(◎o◎)/!びっくりするほどでした。

少ししか生産していないらしく高級だけど、もっと欲しいな・・・・・

いろいろな木の蜂蜜の味を試してみるのもいいですよ

2016きものまつり



今年の白石市の「きものまつり」のポスターが届いていました。

10月14(金)15(土)16(日) 10:00-16:00

この頃は、市内を着物姿の女性たちが大勢歩いているのを

見かけ白石市内が華やかになる週末です。O41O41

着物を着る機会が少ない現代なので、この機会に着物を着て

白石にお出掛けもいいかもしれませんね。

鎌先から今年も「きものまつり」の成功をお祈りしています。